自然環境とエネルギー


2010年11月、地球温暖化問題を取り上げた「COP16」が、メキシコのカンクンにて開催された。また、その前月には、生物多様性をテーマにした「COP10」が、名古屋で開催されたことは記憶に新しい。地球環境問題に関しては、過去において「リサイクル」や「省エネルギー」などの言葉が、メディアをにぎわしてきたが、最近では「自然エネルギー」や「レアアース」などの言葉が聞かれるようになってきた。

 

これらは、一見、別々な問題として、取り上げられているようにみえる。しかし、どことなく繋がっているのではないか、と感じている人は多いことだろう。そこで、エネルギー関連の企業向けの資料のひとつとして、これら地球を取り巻く環境問題を、図解で整理してみた。

 

人々は、自然からの恵みを取り入れ、生産活動と消費活動を行い、最終的に不要なものを廃棄する、という資源循環型社会を形成している。本図解は、問題の関係性に着目していることから、詳細な部分に関して不整合があることを前提にしているが、このモデルに沿って、地球環境問題に関する図解を眺めるといろいろなことがみえてくる。

 

本図解を、想いだすための「想起モデル」は、エコロジーの「E」。上の横軸③は天上の環境、下の横軸②は地下の環境、左の縦軸④は自然の中に存在する資源。右の端から消費した後の廃棄物や排気ガスを自然に戻す、という構造が、わかりやすい。

 

◆廃棄物汚染問題とリサイクル法

 

高度成長期に伴って、最初に発生した問題は、廃棄物により地下が、排気ガスにより大気が、汚染されてしまったことだ。大量消費社会のツケである。この問題に対しては、製造と消費の段階で、極力、再使用、再生していくための「リサイクル法」(右側①)が制定された。

 

◆化石資源枯渇問題と省エネルギー法

 

次に発生した問題は、石油資源の枯渇問題である。

ここでは「省エネルギー法」(下側②)が制定された。製造や消費の段階で使用される化石起源エネルギー全体を絞るという発想だ。

 

◆地球温暖化問題と温暖化対策法

 

また、地球上の気候変動に対する懸念から、「温暖化対策法」(上側③)が検討され、太陽や風力エネルギーに代表される自然エネルギーへの関心が高まってきた。

 

◆希少資源争奪を巡る貧困問題と生物多様性

 

さらに自然の産物の希少性や絶滅を危惧することから「生物多様性」(左側④)に関する会議が開かれるようになった。生物多様性に関していえば、希少な資源は、自然環境が豊富な開発途上国に多く、先進国の搾取により貧困を招いているという問題も大きなテーマとなっている。

 

◆国際問題と国内問題の切り分け

 

本図解により、右側①と下側②が「国内問題」であり、上側③と左側④が、国内問題を含む「国際問題」であることがわかる。上下の温暖化対策法と省エネ法に関していえば、その共通のテーマが、脱化石燃料であるにもかかわらず、管轄する省庁が経済産業省と環境省であり、さらに地方自治体の規制が加わってきている。

 

みえないところに境界を引くのが世の常とはいえ、規制される企業側では、混乱の度合いが増しているようだ。いずれにせよ、これら地球環境問題の対応は、それぞれ関連付けて対応していくことが大事であることを痛感した次第である。