まとめる技術研究所は、対象はなんであれ「作る・壊す・捨てる」ではなく「直す」ことで持続可能な社会作りの研究活動を行っています。現代のコロナ禍において多くの人々の働き方が激しく変化してきています。このような環境の中で、情報リテラシーや、金融リテラシー(研究中)の向上は、必要不可欠な学びといえるではないでしょうか。まとめる技術研究所では、Word/Excel/Powerpoint/HPなどの基本操作の伝達により、個々の人々の潜在力を向上を願うとともに、職場や家庭などにおける快適なワークライフバランスの提案を目指していきたいと思います

社会経験で培われたデザイン力が基盤

Chart Index(索引図解)を活用した業務の引継ぎや 指導に役立つ仕事の見える化や、わかりやすい資料や解説書のまとめを研究しています。

裁判員裁判のあらまし

地域活性化ビジネスモデル提言

各種戦略論を集約したまとめ図


業務をする上で最適なプロセスとフローを探り改善するとともに、文書のデジタル化により現代社会における快適な仕事環境を見直します。

情報システムとビジネスプロセス

業務フローチャート

バランススコアカード+2


写真や動画の撮影・編集を含むWebサイト構築及び作成法やコンピュータ活用術の研究により、個人の情報伝達の向上に努めています

航空会社ご用達の国産除菌剤

チョコレートのオンラインショップ

出世前の戦略的HP



まとめる技術を基盤とした仕事力の向上

職場での業務を体系化し、わかりやすくすることで作業効率を高めます

 

これまで情報業界において、CAD/CAM(英)、Data Base(米)、 SFA,/CRM(加)の導入期の業務立ち上げに取り組んできました。 また、その後の自治体では、旧態依然とした官庁の社内システムの一部を改善、情報ツールの使い方をはじめ操作する人の立場にたった指導を行い、組織内のパフォーマンスを向上させてきました。会社や組織における業務フローのまとめや、業務改善システムや情報ツールの使い方の指導により、業務推進の原動力となる個々のの情報リテラシーを向上させること、それが「まとめる技術研究所」のもっとも得意とする活動です。(それぞれの内容や資料は、守秘義務のため公開はできませんので、各ページの掲載資料からご推察ください)