現代情報化社会では、さまざまなメディアを通して多くの知識を得ることができるようになりました。豊富な知識はやがて多くの経験を重ね、新たな知恵を生み出します。新たな知恵は、優れた知能により生かされ数多くの課題の解決を図っていくことでしょう。やがてこれらの経験の積み重ねにより「考える知性」が芽生えてくるものと考えます。

 

しかし、人間の記憶能力には限界があります。悲しいかな、新たな知識を取り込むたびに、過去の知識は忘れ去ってしまうのです。とはいえ、多くの情報をコンパクトな形にしてイメージとして取り込めば、情報容量は大いに低減するのではないでしょうか。覚えたことを忘れるのは人間の得意技。どうせ忘れるのであれば「うまく忘れて」しまった方がいい。忘れることを恐れるのではなく、想い出せないことを恐れたほうがいいのです。

 

「いかに覚えるか」よりも、「いかに忘れ、いかに想い出すか」。その解決方法が、「一覧図(Remind Map)」であるものと考えます。

覚えるべきか、忘れるべきか、それが問題

▮ 考えることのデザイン考

そもそも、考えていることをデザインしようと思い立ったのは、某広島の自動車会社に「もの作りのプレゼンテーション」をしなければならない、という状況に陥ったことに始まる。「釈迦に説法」ともいえる状況の中で、当日早朝に思いついたイメージを手書きで作成。「社会の移り変わり」というタイトルで、最初の「つかみ」のチャートを完成。事なきを得た。それは1988年のことだった。

 よくよく見ると、その場しのぎで描いたものの、各種要素の絡みあった興味深い構成である。その後も、同様の図案を描き続けると同時に、「一覧性」の特性を研究しユニークな絵を作成していった。

2000年ころより「情報デザイン」や「図解」、「マインドマップ」をはじめ、論理的思考法の概念が発展。今後は、AIの導入により、さらに事象の関係性を重視した図による新たな考え方がでてくるものと期待している。

▮ Essay「多様な人々が暮らす街」


玉川上水は、江戸時代(1653年)に玉川兄弟により開削された、総延長43kmの上水道だ。羽村の取水堰から、多摩川の新鮮な水を取り込み、江戸の飲料水として供給された。

 

羽村、福生、昭島、立川、小平、小金井、武蔵野、西東京、三鷹、杉並、世田谷、渋谷、新宿の市区にまたがる露天掘りの上水道は、江戸時代の優れた測量技術を物語る。この玉川上水から、さらに野火止用水など数多くの用水路が分岐され、武蔵野台地の痩せた田畑をうるおしたという。

 

 一方で、かつては上水道であった玉川上水も、現在では、三次処理水がわずかに流れる下水道。あの太宰治が入水した当時とは、全く異なってしまった。玉川上水の影の部分にも陽を当てなければならない。

 

その歴史ある玉川上水側道が、わたしの通勤路だ。


混雑した電車に乗り、長い時間をかけ職場に到着したかつての生活とは異次元な世界。ニューヨークのセントラルパークを引きのばしたような延々と続く「水と緑と光」の空間。その中を、朝の日差しを浴びながら、軽やかに走り抜ける。

 

    キャンバスを重そうに引きずるムサビの美術家の卵たち

    さっそうと風を切り通りすぎる津田塾のお嬢さん方

    メタボを解消すべく速足で汗を流すご中年

    ママチャリで、朝の買い出しに、駆けるご婦人方

    愛犬を取り囲み談笑する人々、散策を楽しむ老夫婦

 

延々と続く武蔵野の雑木林には、多様な人々が暮らす。

 

人々、地域、歴史、その関係性は奥深い。 

 



プロフェッショナルを目指すべく、知性を磨こう。

知性を磨くためには、知恵を絞る必要性があります。

知恵を絞りだすためには、経験と知識の習得が欠かせません。

 

そのためには、巷にあふれる情報を知識として取り込み蓄えていくことが重要です。 

 

 知識デザイン工房(Sophia Design Works)は、社会貢献、地域活性化、環境問題、教育などの課題に対して、人々や地域の能力開発を念頭に様々な構想つくりに励んでいます。特に、戦略思考の基盤となる歴史/文化/制度/技術など、現代社会における複雑な事象を紐解き視覚化。新たな活動の概念を発想させることに注力し、次世代の人々や地域の成長に貢献したいと考えています。