忘れる前に素早く想い出すことを考える

現代情報化社会では、さまざまなメディアを通して多くの知識を得ることができるようになりました。豊富な知識はやがて多くの経験を重ね、新たな知恵を生み出します。新たな知恵は、優れた知能により生かされ数多くの課題の解決を図っていくこといになります。やがてこれらの経験の積み重ねにより「考える知性」が芽生えてくるでしょう。

 

しかし、人間の記憶能力には限界があります。悲しいかな、新たな知識を取り込むたびに、過去の知識は忘れ去ってしまうのです。とはいえ、多くの情報をコンパクトな形にしてイメージとして取り込めば、情報容量は大いに低減できるのではないでしょうか。覚えたことを忘れるのは人間の得意技。どうせ忘れるのであれば「うまく忘れて」しまった方がいい。忘れることを恐れるのではなく、想い出せないことを恐れたほうがいいのです。

 

「いかに覚えるか」よりも、「いかに忘れ、いかに想い出すか」。それは「ことまとめデザイン」で解決できるかもしれません。

ことまとめ概念図


ことをまとめる要領

社会にはいろいろ理解できない複雑なことがあっても、時間をかけてきちんと説明されればわかることが多いかと思います。多くの人を前にして、図表を示しながらプレゼンテーションする(紐解き図解)ことで、納得する光景はしばしば見受けられますね。しかし、終わってしばらくすると、徐々に記憶が薄れてしまいます。検索すればこれらの情報を引き出すことは可能ですが、再度読み込まなければなりません。でも事前に、重要なポイントを関連ずけて一目でわかるように(まとめ図解)しておけば、困ることはありません。

 

とはいえ、ことあるごとにスマホを手にするのも、環境によっては難しいことから、より素早く記憶を引き出したいものです。そこで、覚えやすいシンプルなモデルをイメージしておけば、これを想い出せばいいわけですから、記憶容量が少なくてすむ、ってわけですね。

ことまとめ要点


まとめるデザイン

裁判員裁判のあらまし

地域活性化ビジネスモデル提言

各種戦略論を集約したまとめ図


情報システムとビジネスプロセス

業務フローチャート

バランススコアカード+2


VW Beetle 愛好家サイト

円谷幸吉-須賀川市応援サイト

出世前の戦略的HP



思い出せるならば 忘れていいのかもしれません

最初に、私はこの物語のマップを作成してみました。しかし、あまりにも情報が多すぎることから、物語全体をすばやく想い出すことができません。

 

そこで、複雑な物語、制度、関係を記憶に残す方法を考案してみました。それは、このマップをイメージとしてとらえ、他の形状(メタファ)に置き換えるということ。そして細かい情報を忘れてしまうことです。「ギリシャ神話」は「王」、「仏教」は、「心」という文字に置き換えることができました。

実際には、この文字ですべてが想い出せるわけではありません。しかし、この方法により個人の記憶容量を軽減できることから、脳の記憶の機能を、他の仕事や趣味に使うことができるようにも思います。これは、いうなれば「情報のアナログ的な圧縮と解凍の技術」といえるでしょう。

 

覚えた知識は、深い無意識層に置き、そして意識の中からは消滅する。やがて、なにかをきっかけに深い記憶の中で小さな揺らぎが起こり、創発的にアイデアがひらめく、というわけです。極論ですが「思い出せるならば、忘れてもいい」とも思うのです。これからの仕事や学習の方法の一つとして、活用されることを期待したいところです。


小林秀雄曰く:メモやテープや知識や理論に頼り、自分の頭で苦労して考えず、「要は......」と簡単にわかろうとするのは「現代の病」。歴史で大切なのは、知識ではなく、出来事が、今のことに感じられるような記憶を呼び覚ます力だ。(2014/3/16読売新聞)

 

記憶を呼び覚ますためには、どう記憶するかではなく、どう忘れるかという問題に帰着する

 

そのように思います。(Y. Hasebe)